光コラボは地元業者を選びましょう 秋田県大仙市のパソコン教室のんびりじっくり は CNA(秋田ケ−ブルテレビの代理店です 

パソコン教室のんびりじっくり

ボタン ホームへ


 光コラボについて

 今までブログのほうには何度も書いてきたのですが、光コラボの事業者さんから営業の電話が来ることがあると思います。以前は「インターネットが安くなりますよ」というふうな勧誘だったのですが、最近はNTTの「あずけ〜る」とか「ギガ楽wifi」とか特定のサービス名を持ち出して「このサービスが利用できますよ」というのもあります。NTTの代理店を名乗ることが多いのですがNTTの代理店はそこいらじゅうにありますし、NTTの代理店であることは何も特別なことではありません。
 悪質な勧誘をする業者さんや、不要なオプションをたくさんつけてよこす業者さんもあり、ちゃんとやってる業者は少々困っています。ちゃんとしたところとちゃんと契約すれば、料金が最初の案内の通りに安くなるものなんですが。

 過去にブログに書いた記事


 だいたい光コラボって何?というところから説明するべきでしょうが、それは今度書きます。
 とりあえず、前に書いたものをあげておきますので、しばらくはそちらをご参照ください。

 過去記事はここをクリック 

 ブログの過去記事の中に、CNAさんのサイト内の記事へのリンクをいろいろはっておいたのですが、サイトがいつの間にかリニューアルされていて、CNAさんの過去記事がだいぶ消えています。わかる範囲で修正しておきました。

 ちゃんとした業者さんの見分け方


 まず警戒してほしいのは、電話だけで手続きを終わらせようとする業者です。
 光コラボは利用者にちゃんと説明しないといけません。ですがあの内容、結構難しいです。契約して実際に半年くらい使ってみて、ああそういうことかとわかったりするくらいです。ですので、自分が全部わかったかどうかよりも、「この人は信用できる、と思ったら契約する」というのがいいかと思います。

 要するに、「対面で説明してくれる地元の業者」がいいと思います。

 それから、光コラボに切り替えるには、NTTから「転用承諾番号」というものを発行してもらわないといけません。電話でもネットでもできますが、まあ電話だとして、対面で営業して契約するところなら、電話のそばで説明しながらNTTとやりとりしてくれます。この電話はお客さん自身でしてもらいます。少々面倒かもしれませんが、こういうのは営業が勝手にやっちゃいけません。(それをやっちゃうのが遠方から電話かけてきて電話のみで契約を迫る業者さんなんですが)

 「あとで乗り換えればいいや」という考えは危険


 「そうか中にはおかしな業者さんがいるのか。でもだったら解約すればいいだろうし。」と思った人もいるかと思います。まあその通りなんですが、それだと結構お金がかかります。

 例えば
 @契約期間が2年間だとして、その2年間がたたないうちに契約を解除すると・・・・
   ・分割払いになっていた工事費とか初期契約料を一度に払うことになる
   ・契約期間はそのまま割引期間になっていて、割引と相殺されて工事費とか初期契約料が相殺され「実質0円」になる

   ところが、この工事費とか初期契約の費用とかが、他の優良な業者さんよりも高額に設定されていたりするんです

 A余計なオプションがついていたんで前より高くなっていたからやっぱり契約を解除する!場合・・・・
   インターネットが使えなくなります。自動的にNTTの契約に戻るするわけではありません。そこで別の業者さんと契約し直さないといけません。
  いったんNTTから光コラボに転用して、そのあと他の光コラボの業者さんに転用することはできません。いったん回線の契約を解除して再度契約し直すことになります。

   ですので、やっぱり余計なお金とか手間とかがかかるわけです

 B初期契約解除制度(クーリングオフ)
   光コラボにはクーリングオフというものはありません。クーリングオフの対象にはなっていませんので。クーリングオフは消費者契約法で、光コラボは電気通信事業法ですから。ですが、法律が改正され、電気通信事業法にも同様な制度ができました。それが「初期契約解除制度」です。
 「クーリングオフができます」とは契約書に書かれていませんので注意。「初期契約解除制度」という言葉を探して下さい。

  これについてもきれいさっぱりお金が返ってくるものでもありません。例えば通常のクーリングオフでも、すでに使った分があれば、その部分の代金は払わないといけません。初期契約解除制度も解約手数料だかなんだかが設定されていて、その分だけは払わないといけません。
  どうせ解約されるんだしこれで儲けよう、というつもりなのではないかと思ってしまうような金額です


 @、A、Bの理由から、解約するの面倒だと思ってしまってそのままにしている人が多いです。

 ですから、最初からちゃんとした業者さんと契約するか、でなければNTTのままにしておきましょう。
 「営業の電話の相手をするのが面倒だから契約してしまった」という例も見たことがあります。
 電話をかけてくる業者さんの相手をするのが面倒なときは、「転用済み」ですと言えばそれ以上何も言われません。できれば本当にちゃんとした業者と契約しましょう。



 CNA光ネットラインのおすすめ

 当教室はCNA秋田ケーブルテレビという業者さんの代理店になっています。
 営業エリアが秋田県限定ですので、秋田県以外の方は別の業者さんで信用できるところをお探しください。「対面で説明してくれる地元業者」であれば信用できるはずです。

 

 CNAさんのサイトはこちら
 社名の通りケーブルテレビが本業ですが、なにかいろいろやっていて、最近は犬の社員を入れたとか





 こちらからお問い合わせください。




上へ戻る

 

このページの最終更新

inserted by FC2 system